手法や分析方法

バイナリーオプションのパラボリックSARを活用した手法

第7回となるおすすめインジケーターシリーズ。

 

今回は少し、変わったインジケーターをご紹介いたします。

 

「パラボリックSAR」と聞いて、ご存知の方はさほど多くないと思います。

 

しかし、MT4にはすでにデフォルトで入っているインジケーターで、トレンドの終わりを示唆するインジケーターになります。

 

これまで紹介してきたトレンド系のインジケーターはトレンドが発生したところを見つけるものでしたが、パラボリックはその逆になります。

 

下降トレンド中はローソク足の上に点線が表示され、トレンドが転換して上昇トレンドになったらローソク足の下に点線が表示されます。

チャートを見ていただくと、下げている間はローソク足の上に点々があり、上げ始めると点線がローソク足の下に表示されています。

 

パラボリックSARの設定方法

まず、右上のインジケーターリストをクリックします。

 

トレンドの欄にカーソルを合わせるとメニューが出てきますので、「Parabolic SAR」をクリックします。

そうしますと、上のような画面が出てきますので、初期設定値のまま「OK」をクリックしてください。

 

そうしますと、上のような画面になります。

これで設定完了です。

 

パラボリックSARの使い方

パラボリックのすごいところは、シンプルで分かりやすいところです。

 

初心者でもわかりやすく、簡単に使いこなすことが出来ます。

 

点線がローソク足の下に表示されたらHighエントリーのシグナルです。

 

点線がローソク足の上に表示されたらLowエントリーのシグナルです。

 

点線のドットが3つ表示されたらトレンド転換確定とするのが一般的です。

 

ドットが1つ表示されただけで判断すると、だましに逢うことが多いからです。

 

パラボリックはトレンドが出ている状況で威力を発揮します。

 

上の画像は上昇トレンドが続いている状況です。

 

注意していただきたいのは、点々が3つ出るまではトレンド転換が確定しないということです。

 

このチャートでも、上昇がすこし弱まったところでパラボリックの点が1つ~3つローソク足の上に出ることがあります。

 

他のテクニカル指標も同じですが、テクニカル指標のトレンド転換シグナルは遅れて出ます。

 

このシグナルをエントリーに使う場合には注意が必要です。

 

パラボリックの反転のシグナルを確認したあと、1つ下の時間軸にチャートを切り替えて押し目や戻しを狙うのは良い方法です。

 

そうすることでリスクを低くしてエントリーすることができるかもしれないからです。

 

先程のチャートだと、一番右でちょうどパラボリックの点が、3つローソク足の下に出ていますので、Lowエントリーのシグナルではあります。

 

しかし相場環境が明確な上昇トレンドですから、Lowエントリーをするわけにはいきません。

 

仮にこの価格帯がレジスタンスラインだとして、ここで囲うトレンドに転換するという読みがあるならLowエントリーを狙っても良いでしょう。

 

その場合でもひとつ下の時間軸でLowエントリーのシグナルを見極めるべきです。

 

まとめ

パラボリックは最もシンプルなテクニカル指標のひとつです。

 

  • 点線がローソク足の下に表示されたらHighエントリーのシグナル
  • 点線がローソク足の上に表示されたらLowエントリーのシグナル
  • 点線のドットが3つ表示されたらトレンド転換確定とするのが一般的

パラボリックは遅れてシグナルが出るタイプのテクニカル。

 

パラボリックのシグナルが点灯した後、エントリーには下の時間軸のチャートを使うのがおすすめの方法です。

 

エントリーの見方になるサインツールを無料プレゼント

LINE@ID:@095zucej(@も含めて検索)

サインツール無料受け取りはこちら