攻略必勝法

予測・予想次第でこんなに違う!バイナリーオプション攻略への近道とは?

こんにちは!

 

「バイナリーオプションで相場を予想する方法を教えてください!」

「バイナリーオプションで的確に予測できる方法はありますか?」

「バイナリーオプションあたる予想をする方法を知りたい!」

 

バイナリーオプションを攻略するために皆さん日々切磋琢磨して取引をしているかと思います。

 

そして、様々な予測をもとに、次の値動きがHighなのかLowなのかを予想して、考えたうえで判断されていると思います。

 

バイナリーオプションのような、二者択一の投資では、やみくもにトレードを行っていても、回数を重ねるごとに勝率は50%に収束してきます

 

ですが、勝率50%でトレードを続けると、資金が徐々にマイナスになってしまうため、次の値動きを当てるためにも、相場環境から、次の値動きを予測することは利益をとり続けていくために非常に重要です。

 

そして、相場動向の予測の立て方次第で、勝率はまったく違ってきます。

 

今回は、バイナリーオプションでの予測の立て方と、いつもとは違う見方や視点から予想の仕方についてご説明していきます!

 

予測次第でこんなに違う!バイナリーオプション攻略への近道とは?

先ほども述べた通り、バイナリーオプションで勝ち続けるためには、相場環境から次の値動きを予測しなければいけません。

 

そのためには、為替レートの推移や、テクニカル指標を用いたテクニカル分析をして、次の値動きを予測します。

 

今回は、バイナリーオプションでの予測の立て方について解説します!

 

本記事の内容は以下のとおりです。

 

  • バイナリーオプションで値動きを予測することの重要性
  • バイナリーオプションでの予測の立て方と相場へのアプローチ方法
  • バイナリーオプションで違う視点から予想を立てるやり方
  • 絶対にやってはいけない予測方法とは?

 

本記事を最後まで読むことで、バイナリーオプションの予測の立て方がすべてわかりますので、ぜひ最後までご覧ください!

 

バイナリーオプションで値動きを予測することの重要性

バイナリーオプションで取引をするうえで、次の値動きを当てなければ勝てません。

 

そのためには、「現在の相場の方向性はどうか」「トレンド相場なのかレンジ相場なのか」というように相場環境に合わせた予測が必要になります。

 

もちろん、「バイナリーオプションをいち早く攻略したい」と考えている方も多いです。

 

ですが、予測なくしてバイナリーオプションの攻略は不可能といってもいいでしょう。

 

つまり、予測をすることはバイナリーオプション攻略の近道といっても過言ではありません。

 

相場環境に合わせた予測を立てることで、今の勝率をグンと上げることも可能です。

 

予測の仕方をマスターして、勝てるトレーダーになりましょう。

 

バイナリーオプションでの予測の立て方と相場へのアプローチ方法

では実際にどのように予測を立てていくのか、予測を立てた後の相場へのアプローチ方法について詳しく説明していきます。

 

正しく予測を立てる・予想をすることで、勝率アップを目指していきましょう。

 

予測の立て方はいろいろある!

まずは相場の状況を判断してHighかLowかを予想しましょう。

 

予想の仕方はいくつかありますが、今回は代表的なものを紹介します。

 

以下のとおりです。

 

  • インジケーターによる反応
  • ラインによる抵抗
  • 法則やパターンによる予測
  • 通貨ペアの相関性

 

いずれもテクニカル分析による予測の立て方になりますので、しっかりとお読みください!

 

インジケーターによる予測の立て方

インジケーターによる予測の立て方はおもに、移動平均線やボリンジャーバンドなどで、値幅変動の有無を確認します。

値幅変動があればトレンド相場と判断でき、上昇トレンドならばHighエントリー下降トレンドならばLowエントリーというように予測がたてられます。

 

逆に、上の画像のように値幅変動がなければ、レンジ相場と判断できます。

レンジ相場であればラインで反発するという予測がたてられます。

天井に達したときにLowエントリー底に達したときにHighエントリーという予想をしてエントリーをしていきましょう。

 

ラインによる抵抗の予測の立て方

ラインによる抵抗の予測の立て方は、インジケーターによるものと違いエントリーポイントを決定するときに使います。

 

ラインの種類もいくつかありますが、代表的なもので言うとレジスタンスライン・サポートラインになります。

 

これらのラインは、相場を上下から支えるラインで、ぞれぞれ以下の2種類になります。

 

  • レジスタンスライン・・・上から支えるライン
  • サポートライン・・・下から支えるライン

 

これはレンジ相場の天井圏、底値圏を判断するために使用します。

天井圏は高値・底値圏は安値を根拠に反発することを予測できます。

 

チャートの法則やパターンから見る予測の立て方

上のチャート画面は、上昇トレンド時につけた高値を更新できなかった相場になります。

 

これはダブルトップというチャートパターンで、「これ以上相場は上がらないよ」というトレンド転換の1つの指標になります。

 

例えば、上昇トレンド時だからHighエントリーで取引するための戦略を練っていたが、チャート上でダブルトップが出現した場合、Lowエントリーで取引をするための戦略に切り替えることがきます。

 

このように、チャートパターンでから予測を立てることもできますので、下記の記事からチャートのパターンについて、ぜひ覚えてみてください!

 

→チャートのパターンを3つ覚えて勝つ!バイナリーオプションの手法を紹介!

 

通貨ペアの相関性による予測の立て方

上のチャート画面は左からドル円とユーロドルの5分足のチャート画面です。

 

チャート画面を見ていただくとわかるとおり、ドル円のレートが上がっていて、ユーロドルのレートは下がっているのが確認できます。

 

これは、ドル円とユーロドルには相関性があるということを意味します。

 

ドル円とユーロドルは、それぞれ逆の値動きをする傾向が強く、ドル円で上昇トレンドの時にユーロドルは下降トレンドになっている場合が多いです。

 

このように、通貨ペアの相関性について知っていると、ドル円が上昇トレンドだがエントリーポイントが見つからないといった場合に、ユーロドルでLowエントリーという戦略に切り替えることができます。

ドル円チャートから予測をたてて、ユーロドルの相場で戦うことができるのです。

 

 

バイナリーオプションで違う視点から予測を立てるやり方

今までは1つの時間足で相場を判断し、予測を立ててきました。

 

ですが、違った見方をすることで相場の理解が深まり、予測の精度が上がります。

 

では違う見方とはどんな見方なのでしょうか?

 

答えは複数の時間足から相場を見ることです。

 

5分足でエントリーポイントを探すなら、最低でも1時間足で大きな流れをつかむということです。

 

複数の時間足を見ることがなぜいいのか?

それは、相場が強気相場なのか弱気相場なのかがわかるからです。

※強気相場…上昇している相場・弱気相場…下降している相場

 

例えば、1時間足をみたら弱気相場なのに、5分足では上昇トレンドであった場合、全体の流れは弱気なのでHighエントリーをしても逆行してしまう可能性が高くなります。

 

5分足だけみていたら、負けてしまう可能性が少しばかり高くなるということです。

 

レンジ相場でも同じことがいえます。

 

5分足ではレンジ相場なのに、1時間足では上昇のトレンドが出ていてる場合、1時間足では調整の段階でもみ合ってるためいつ大きく抜けてもおかしくありません。

 

つまり、全体的には強気相場のため、5分足で天井に達していてもダマしにあい、負けてしまう可能性が高くなるということです。

 

このように、違った見方で考え予測を立てることで、負けを減らし、勝率アップにつながるということです。

 

絶対にやってはいけない予測方法

ここまでは相場予測の方法や見方をお伝えしてきました。

最後に、初心者が陥りがちな絶対にやってはいけないバイナリーオプションの予測の方法をご紹介します。

配信グループに参加する

「エントリーポイントを配信しているので同時にエントリーするだけで稼げます」
「レクチャーするので稼げた後に利益の10%をレクチャー料としてお支払いお願いします!」

 

ツイッターやインスタグラムで最近かなり多くなってきたこのうたい文句。

 

絶対にやってはいけません!

 

結局この手の配信グループは、口座開設のアフィリエイト報酬目的で運営されていることがほとんどです。

 

あたかも初心者でも稼げる・参加者のためにやっているといった甘い言葉で誘惑してきますが、開設させられる証券口座はマイナーなものが多く、出金さえも満足にできないところが大半です。

 

また、肝心の配信も、負けた日は「相場が悪かった」で済まされることが大半です。

 

マーチンを推奨してくる配信グループも多いようなので、注意してください。

大切な資金を無駄に使ってしまっては、本当にもったいないです。
→マーチンに関してはこちらの記事をご覧ください!危険性も併せて解説しています!

 

まとめ

今回は予測の立て方についてご説明しました。

 

予測の立て方は以下の4種類です。

 

  • インジケーターによる反応
  • ラインによる抵抗
  • 法則やパターンによる予測
  • 通貨ペアの相関性

 

この4つを意識して予測を立てることで、インジケーターのみでの予測よりも勝率は高くなります。

 

また複数の時間足をみることで、相場全体の流れを見ることができ、負けを減らすということもできます。

 

このようにして勝率アップを目指していきましょう!

 

エントリーの見方になるサインツールを無料プレゼント

LINE公式ID:@095zucej(@も含めて検索)

サインツール無料受け取りはこちら