手法や分析方法

バイナリーオプションでダウ理論を普通に使ったら危険!?正しい使い方と手法を解説

どうも、こんにちは!

突然ですが、みなさんはダウ理論を正しく理解できていますか?
ダウ理論を学べば

  • トレンドに逆らわない
  • トレンド発生を察知する
  • トレンド転換を察知する

ということができるようになります。

まだ、バイナリーオプションを初めて間もない人が正しく理解できるようになると、勝率も格段に改善されること間違いなし!

今回は、そんなバイナリーオプションのバイブルと言えるような「ダウ理論」について、正しい使い方と手法を解説していきます。

ギャンブラーではなくテクニカルトレーダーを目指す方はぜひ覚えておいてください!

ゴーレム
僕もダウ理論を覚えてから勝率が安定したよ

バイナリーでのダウ理論とは?

ダウ理論は19世紀後半から今も残り続ける相場の原理原則の一つです。

チャールズ・ダウという証券アナリストが提唱した理論で、全てのテクニカル原則の元祖とも言われています。

ダウ理論は以下の6つの基本原則で成り立っています。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
  3. 主要なトレンドは3つの段階から形成される
  4. 平均は相互に確認される必要がある
  5. トレンドは出来高でも確認される必要がある
  6. トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

まずはこれらの6つを簡単に説明していきます!

平均はすべての事象を織り込む

まずは1つ目「平均は全ての事象を織り込む」です。

なんだかダウさんがドヤ顔で言っている姿が浮かんできますね。

為替市場というのは、個人投資家では把握しきれないほどさまざまな事象が複雑に影響しあっています。

例えば、金利差・物価水準・景気動向・貿易収支・金利政策・地域紛争・事前災害・市場心理などといったものです。

上記の例も一部に過ぎず、実際には数えきれないほど多くの事象が複雑に絡まり合っています。

ダウ理論に従うと、これらの事象全ての要素が織り込まれており、「目の前の価格こそが膨大なあらゆる要素が収束した市場参加者の総意」であると言っているのですね。

トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される

2つ目の原則は、「トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される」です。

トレンドは、短期トレンド・中期トレンド・長期トレンドの3種類あります。

それぞれのトレンドの期間は一般的に以下のように分類されます。

・短期トレンド:〜3週間
・中期トレンド:3週間〜3ヶ月
・長期トレンド:1年〜

あくまで期間は一般論の範囲です。

トレンドの範囲を決めるのはケースバイケースだということを覚えておきましょう!

こればかりは分析の練習あるのみですね。

大きな長期トレンドの中に中期トレンドがいて、さらにその中に短期トレンドが含まれている。

マトリョーシカみたいな感じですね。

トレーダーのスタイルによってどのトレンドを選ぶかは千差万別ですが、短期トレンドに注視するあまり、上位の中期トレンド・長期トレンドを疎かにしていると正しく分析できません。

3つのトレンドを正確に分析でき、どのトレンドを狙うのかをはっきりさせることはバイナリーオプションをする際にはとても重要なのです。

主要なトレンドは3つの段階から形成される

3つ目は、「主要なトレンドは3つの段階から形成される」です。

1つのトレンドは1直線に上がったり下がったりするのではなく、三段上げ、三段下げといった傾向になります。

段階は、先行期/初期・追随期/中期・利食い期/後期と呼ばれています。

1段階目の先行期/初期は、文字通り早い段階でできる初動の波のことで、少数の市場参加者が底値買いを始めます。

トレンド転換の直後に打診売り・打診買いを狙う人がここら辺にいます。

初動を抑えることができれば、大きな利益を得れる反面、騙しに会いやすいというリスクも抱えています。

2段階目の追随期/中期は、先行期の動きを見た投資家が追随し、参加し始める時期です。

この段階が最も利益を出しやすいとされていています。

3段階目の利食い期/後期は、行動の遅い投資家がトレンドの最後に参加してくる時期です。

習熟度が低い参加者を含めて、市場参加者のほとんどがトレンド方向を確信している状態になっています。

ここまでくると、初動売買で含み益が出ている人や、トレンドフォロー売買で含み益が出ている人たちの利確が入ってきます。

利確とはつまり、注文時とは反対方向の売り買いなので、上昇トレンドの際には売り圧力となります。

結果的に、トレンド判断が遅れた人たちの買い注文は高値掴みとなり、そのまま逆行すればいずれストップロス売りにかかるかロスカット売りされます。

つまり、トレンドが転換しやすいということです。

3つに段階を理解することで、自分のスタイルではどの段階に注目すればいいかがわかり、トレードを自信を持ってすることができます。

平均は相互に確認される必要がある

4つ目は、「平均は相互に確認される必要がある」です。

これだけ見ると意味あわかりませんよね。

ぱっと見は意味不明なのですが、要するに「相場全体を見て相関を意識することも、トレンドの信憑性を確認する上では大事だよ」という意味です。

為替の範囲の例で言うと、ドル円が下降トレンドになっていて、その下降トレンドに乗りたいためにドル円を売りたいとします。

その時、ただドル円だけを見て売るよりもユーロドルやポンドドルなど、米ドルに関連する他の通貨ペアを見たほうが正確に相場を読むことができます。

全体的に米ドル安の方向に動いていいたら、狙っているドル円よりの信憑性が増すと言うことです。

人によっては株価指数も参考にしている場合もあります。

トレンドは出来高でも確認される必要がある

5つ目は、「トレンドは出来高でも確認される必要がある」です。

大前提として、FXでは為替相場全体の出来高を正確に把握する術がありません。

ダウ理論は元々は株の理論ですのでバイナリーオプションとは仕組みが違います。

しかし、注文データを提供してくれるバイナリーオプションの取引所は存在するため、各取引所をベースとした出来高確認と似たようなことはできます。

出来高を伴うトレンドの継続や反転は信憑性が高まると言うのがこの5つ目の原則のポイントです。

出来高があるということは、売買の注文がたくさん入っているということを意味します。

注文がたくさん入った状態で上昇トレンドが継続されると、その分たくさんの売りのロスカットやストップロスを巻き込みます。

それゆえローソクが上へ伸びやすくなるのです。

下降トレンドの場合はこの逆ですね。

注意点は「出来高があればトレンドが継続する」「出来高があればトレンドが転換する」という意味ではありません。

「出来高を伴ってトレンドが継続すれば、トレンドフォローの優位性が高まる」

そして「出来高を伴ってトレンド転換すれば、トレンド転換の初動狙いの優位性が高まる」ということです。

トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

特に重要なのが6つ目の「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」という基本原則です。

超有名なダウ理論の1文で、「トレンドは継続する」とシンプルに表現されることも多いですね。

まず、ダウ理論におけるトレンドの定義を確認しておきましょう。

・上昇トレンド:高値と高音同士が切り上げ、安値と安値同士が切り上げる
・下降トレンド:高値と高値同士が切り下げ、安値と安値同士が切り下げる

また、ダウ理論の「トレンド否定の定義」は以下の通りです。

上昇トレンドの否定:最高値をつける直前の安値を下抜ける
下降トレンドの否定:最安値をつける直前の高値を上抜ける

そしてトレンド転換の定義は以下のようになります。

下降トレンド転換:上昇トレンド否定後に高値が切り下げる
上昇トレンド転換:下降トレンド否定後に安値が切り上げ

以上がダウ理論でのトレンド解釈の基本的なイメージです。

「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」ということであれば、僕たちが取るべき行動指針は以下の4つです。

①上昇トレンドが否定されるまでは買いエントリー
②下降トレンドが否定されるまでは売りエントリー
③安値も高値も更新できずレンジ状態であればトレンド発生を待つ
④トレンド判断できない時には判断できるまで待つ

これだけ覚えておけば大丈夫です。

次は、バイナリーオプションでのダウ理論を使った攻略法について見ていきましょう!

バイナリーオプションでのダウ理論を使った攻略法

ダウ理論について理解した後は、実際にどのように使うかを解説していきます!

狙うべきポイントと手法がわかるようになればそこまで難しくはないので、一度ご参考ください。

ダウ理論で狙うべきポイント

最もリスクが少なく取引できるポイントは、2段階目の追随期/中期です。

先ほども申しましたが、2段階目の追随期/中期は、先行期の動きを見た投資家が追随し、参加し始める時期です。

この段階が最も利益を出しやすいとされていています。

1段階目と3段階目はバイナリーオプションの上級者にならないと判断は難しいためあまりおすすめはできません。

バイナリーオプションになれるまでは、2段階目の追随期/中期を見つけ、そこでエントリーする練習をしましょう!

ダウ理論と相性の良いバイナリー手法

バイナリーオプションの順張り手法とは、相場が動いている方向と同じ方向にエントリーを仕掛ける手法です。

例えば、相場が上昇トレンドにあるときは、今後も上昇傾向が継続することを期待してHighエントリー、下落トレンドにあるときは、今後も相場が継続して下落することを期待してLowエントリーを仕掛けます。

ダウ理論を理解して、トレンドを見つけることができれば順張りは大きな成果を上げることができます。

順張りのやり方については以前ご紹介しているので以下の記事を合わせてお読みください。

意外と知られていないバイナリーオプションの順張り手法を公開!こんにちは! 「バイナリーオプションの順張り手法ってどんな手法?」 「バイナリーオプションの順張り手法に適した相場環...

まとめ

今回は、ダウ理論について正しい使い方と合わせて解説していきました。

みなさんはダウ理論を理解できたでしょうか?

6つの原則があり1度で覚えるのは大変ですよね。

わからない場合は何度も読み返しましょう!

また、実際に使いながら覚えていくと覚えやすいので、今回ご紹介した手法と共に試して見てください!