未分類

ハイローオーストラリアのジャックポットで一攫千金する方法

どうも、こんにちは!
みなさんは「ジャックポット」というものをご存知でしょうか?

ジャックポットとは、もともとはギャンブルなどで使われている言葉です。
賭け事はあまり好きではないという方はあまり聞いたことがないかもしれません。

そんなジャックポットなのですが、つい最近ハイローオーストラリアでも導入されたのです!

「ハイローオーストラリアでジャックポットが導入されたけどどんな制度なの?」
「そもそもジャックポットが何かわからないから解説して欲しい」

この記事を読んでいる方の中には、そんな悩みを抱えている方もいることと思います。
そこで今回は、ハイローオーストラリアのジャックポットについて、その制度や発生確率、攻略法などを徹底解説していこうと思います!

この記事を読めば、ハイローオーストラリアのジャックポットが何なのか、しっかりと理解でき、実践できるので興味のある方はぜひ読んで行ってくださいね。

ハイローオーストラリアのジャックポットとは?

ハイローオーストラリアはボーナスキャンペーンが豊富なことでも知られています。
そんな中、新しいボーナスキャンペーンとしてジャックポットシステムが導入されました。

「そもそもジャックポットって何かよくわからない」
そのように思っている方もいることでしょう。

ここではハイローオーストラリアのジャックポットについて詳しく解説していきます。

ジャックポットってそもそも何?

ジャックポット( jackpot)は、賭博における大当たりという意味を示す言葉です。
諸説はありますが、もともとはポーカーで使われた言葉が由来となっているそうです。

日常生活においては大成功という意味としても使用されます。

ジャックポットは今でもカジノやポーカー、スロットなどに使われており、物事をよりエキサイティングなものにしてくれる要素として様々なところで活用されています。

ハイローオーストラリアのジャックポットの概要

ハイローオーストラリアのジャックポットは、本口座での取引後にランダムで発生するボーナスです。

ジャックポットの金額は抽選によりランダムで決まります。
また、ジャックポットの発生条件と当選確率は月毎の取引金額によってランクが決まるロイヤルティ・ステータスの高さが基準です。

ジャックポットをたくさん受け取りたい場合はロイヤルティ・ステータスアップが重要となります。

受け取ることのできるジャックポットボーナス額は最大で10万円分です。

他のジャックポットとの比較

ジャックポットとして最もメジャーなものは、カジノのスロットでしょう。
一般的に、ジャックポットはその金額が上がれば上がるほど、出現率は下がっていきます。

例えば、以下のようなものがジャックポットの例として挙げられます。

「レッドホワイトブルー」「ダブルダイアモンド」

ジャックポット額としては最低レベルの2500ドル相当が当たるスロット
4万~25万分の1の確率でジャックポットが発生

「オペラ座の怪人」「ダブルストライク」

ジャックポット額が5000ドル相当のスロット
10万~50万分の1の確率でジャックポットが発生

​​「マネーストーム」「ラッキーラリーロブスターマニア」

ジャックポット額が1~5万ドル相当のスロット
200万~800万分の1の確率でジャックポットが発生

ハイローオーストラリアのジャックポットはカジノのスロットのように当選額はそれほど大きくありません。
しかし、確率は比較的高いと言えるでしょう。

ハイローオーストラリアのジャックポット徹底分析

次にハイローオーストラリアのジャックポットについて徹底分析していこうと思います。
今回は以下の項目で分析していきます。

・ジャックポットが発生する条件
・ジャックポットの発生確率
・ジャックポット発生のタイミング

これを読めば、ハイローオーストラリアのジャックポットについて詳しく理解できるので、飛ばさず読んでくださいね。

それでは見ていきましょう!

ジャックポットが発生する条件

ジャックポットの発生条件は、ロイヤルティ・ステータスによって変わります。
以下の表は、ロイヤルティ・ステータス取得に必要な取引額と、最大ジャックポット額をまとめた表です。

ロイヤルティ・ステータス 取引額 最大ジャックポット額
プレイヤー 100万円未満 ジャックポットなし
トレーダー 100万円~200万円未満 最大5,000円
エリート 200万円~500万円未満 最大20,000円
プロ 500万円以上 最大100,000円

 

ロイヤルティ・ステータスが「プレイヤー」つまり100万円未満の取引額の人はジャックポットの対象外となってしまいます。

「100万円なんて無理だ…」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんがそれほど難しい基準ではありません。

100万円という数字はバイナリーオプションによって稼いだ利益ではなく取引の総額です。
取引で勝ったとしても負けたとしても取引額にカウントされます。

1万円からのバイナリーオプション取引を始めたとしても結構簡単にクリアできます。
ジャックポットを発生させたい場合には、まずは毎日コツコツとハイローオーストラリアで取引を行いましょう!

ジャックポットの発生確率

ハイローオーストラリア公式からジャックポット当選確率は発表されていません。
おそらく今後も発表されることはないでしょう。

実際に取引してみた感覚やネットの評判などをトータルして考えると、当選確率はそれほど高くはないと予想できます。

もちろんスロットマシンのジャックポットのように何万分の一というような宝くじの高額当選のような確率ではありません。

ただし、100回取引して1回ジャックポットが当たれば運がいい方だと思っておいてください。
ソシャゲのガチャシステムみたいなもので、ジャックポットのみで稼ごうとするのはおすすめできません。

あくまでもおまけとしてカウントぐらいがちょうどいいでしょう。

ジャックポット発生のタイミング

ジャックポットの抽選タイミングは約定時となっています。

トレードに勝った負けたという結果は関係ありません。
エントリーしたと同時に抽選が始まるといったイメージです。

行った取引が抽選に当たっていると判定時刻を迎えたタイミングでジャックポッド発生画面が表示されます。

ハイローオーストラリアのジャックポット攻略法

最後に、ハイローオーストラリアのジャックポット攻略法について見ていきましょう。

「そもそもハイローオーストラリアのジャックポットに攻略法なんてあるの?」

ここまで読んでくださった方ならそう思う方もいることでしょう。
確かに、ジャックポットを確実に当てる方法はありませんが、確率を上げることは可能です。

それでは順番に見ていきましょう!

ジャックポット攻略法はあるのか?

ジャックポットで大きな額をもらうためには、取引額を増やしてロイヤルティ・ステータスを上げるしか方法はありません。
取引額を増やしたいなら、1,000円の投資を倍々で増やしていく取引方法を使うのもいいでしょう。

また、取引額を増やすという目的に焦点を絞るなら、ダランベール法でもいいかもしれません。
ダランベール法とは、勝った場合は掛け金を1段階下げ、負けた場合は1段階上げる手法です。

例えば以下のように賭け金を変えながら取引を行っていきます。

1回目:賭け金1,000円で負けた
2回目:賭け金2,000円で負けた
3回目:賭け金3,000円で勝った
4回目:賭け金2,000円で負けた
5回目:賭け金3,000円で勝った

ダランベール法は資金の増加が遅いですが、その代わり連敗した時の資金の減りも遅いというメリットがあります。

資金の増減が穏やかなので、最小限のリスクでハイローオーストラリアの取引額を上げ、ロイヤルティ・ステータスアップを狙うことが可能です。

ジャックポットでどのくらい稼げる?

はっきり言うとジャックポットだけで稼ごうとするのは不可能です。
ジャックポットでもらったボーナスはあくまでもおまけと考えてください。

ロイヤルティ・ステータスをあげたとしても最大10万円しかもらえません。
そもそも10万円も毎月ジャックポットでゲットしている人はおそらくいないでしょう。

それどころか、ジャックポット狙いで取引回数を無闇矢鱈と増やしたところで稼げません。
いつも通りの手法で運良くたまに当たるぐらいに思っておきましょう。

ハイローオーストラリアではジャックポット以外にもバリエーション豊富で豪華なボーナスキャンペーンが盛りだくさんです。

ハイローオーストラリアのボーナスキャンペーン一覧

・新規口座開設キャッシュバック
・HighLowポイント
・VIPボーナス
・養分キャッシュバック(条件あり)

ただし、どれもボーナスという取引の補助的なものです。
あくまでも稼ぎたいという場合は、しっかりと勝てる手法を使ってバイナリーオプション取引を行うようにしましょう!

このサイトでもバイナリーオプションで勝つための手法をたくさん紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

みなさん、いかがだったでしょうか?
今回は、ハイローオーストラリアのジャックポットについて、その制度や発生確率、攻略法などを徹底解説していきました。

ジャックポット自体で稼ごうとするのは厳しいですが、利益を上げる大きな手伝いをしてくれます。
また、ジャックポットのようなゲーム性があることによって、バイナリーオプション自体を楽しんですることが可能となります。

バイナリーオプションを最近やっていなかった方やこれから始めようと思っている方は、この機会にぜひハイローオーストラリアで取引していみてくださいね。