手法や分析方法

バイナリーオプションでの移動平均線の使い方を設定から手法まで完全解説!

この記事を読んだら分かること
  • 移動平均戦とは?
  • バイナリーでの移動平均線の設定
  • 移動平均線を使ったおすすめ手法

バイナリーオプションではさまざまな分析方法が存在しています。
中には複雑で使いこなすのに一苦労のものもありますよね。

複雑で難しい戦略よりもテクニカル分析の王道指標である「移動平均線」は単純で理解しやすいです。
単純が故に、移動平均線を使いこなせるようになると勝率が上がってきます!

今回は、そんな移動平均線の使い方を設定から手法まで完全解説するので、ぜひ最後まで見て行ってください!

移動平均線の基礎知識

移動平均線とはそもそも何なのか、知らない方もいるのではないでしょうか?
移動平均線の使い方を見る前に、移動平均線の基礎知識について触れておこうと思います。

「移動平均線なんてとっくの昔に知っているよ」という方も復習になるのでよかったら読んでみてください。

移動平均線とは?

移動平均線とは、設定した期間の平均値を線で繋いで示したものです。
バイナリーオプションの中では最も基本的なインジケーターとも言われています。

移動平均線を使ってチャート分析をすることで、相場の大まかな流れが把握できるのです。
よく使われているのはローソク足と移動平均線を使ったチャート分析です。

ローソク足と移動平均線の位置関係でより正確に相場の状況を判断できます。

ローソク足と移動平均線を使ったトレンドの判断は以下の通り行います。

  • ローソク足が移動平均線よりも上にあれば上昇傾向が強い相場
  • ローソク足が移動平均線よりも下にあれば下降傾向の強い相場
  • ローソク足が移動平均線と同じ位置にあったり、何度も又いだりしている時はトレンドがない相場

バイナリーオプションで着実に利益をあげようと思っている方は必ず覚えておきましょう!

また、より正確なチャート分析をするために改良を加えられ、移動平均線にはさまざまな種類が誕生してきました。

代表的な物として、以下の3つの種類があります。
* 単純平均線
* 指数平滑移動平均線
* 平滑移動平均線

それぞれ順番にみていきましょう!

単純移動平均線

移動平均線として最もよく用いられるのが単純移動平均線です。
一般的に、移動平均線=単純移動平均線という認識でOKです。

英語でSimple Moving Averageというので、SMAと表記されます。

単純移動平均線は一定期間の終値を単純に加算して平均したものです。

例えば10日間の移動平均であれば、10SMAと表記され、本日を含めた10日間の終値を合計し、10で割って平均値を出します。

誰もが使っている最も基本的なインジケーターなので使ったことがない人は一度被れて見るのがいいかと思います!

指数平滑移動平均線

指数平滑移動平均線は、単純移動平均線よりも直近の価格に比重をかけて平均値を算出し、ラインで表したものです。

英語でExponential Moving AverageというのでEMAと表記されます。

直近の値動きを重視した平均値を1本の線で表示します。
単純移動平均線よりも早くトレンドを知ることができるのが特徴です。

細かい値動きを捉えやすい反面、突発的な値動きにもくっついてしまうので、ダマシが多くなるいうデメリットもあります。

平滑移動平均線

平滑移動平均線は、指数平滑移動平均線を改良した移動平均線です。

単純移動平均線や指数平滑移動平均線に比べると大きな流れで捉える傾向があります。
比較的滑らかな形になることが多いです。

大きな流れを捉えるのが得意な反面、細かい動きは苦手です。

移動平均線の使い方

次に、移動平均線の使い方をみておきましょう!
移動平均線を使うことにより、進む方向性、勢い、タイミングなどを予測することができます。

移動平均線の期間

移動平均線の期間は任意で設定することができます。

移動平均線の設定期間が長いと、より古い時期の終値を反映し、緩やかな曲線になりやすい傾向にあります。

相場の本来の動きを見失いにくく、ダマシに遭いにくい反面、急な値動きに追いつくのに時間がかかるので注意が必要です。

対照的に、移動平均線の設定期間が短いと、直近の終値のみに影響され、値動きに敏感になり変化の激しい曲線になる傾向にあります。

急な値動きにすぐ対応できる反面、相場の本来の動きを見失いやすく、ダマシに遭いやすいので注意が必要です。

一般的には、短期移動平均線・中期移動平均線・長期移動平均線を組み合わせてチャートを分析します。

代表的な分析の仕方に「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」があります。

ゴールデンクロス

もともと下にあった短期移動平均線が長期移動平均線とクロスして上に抜ける時がゴールデンクロスと呼ばれます。

ゴールデンクロスは強い上昇傾向の表れです。

ゴールデンクロス発生時はHIGHエントリーするといいタイミングということを覚えておきましょう!

デッドクロス

ゴールデンクロスを反転させたのがデッドクロスです。

もともと上にあった短期移動曲線が長期移動曲線とクロスして下に突き抜ける時がデッドクロスと呼ばれます。

デッドクロスは強い下降傾向の表れです。

デッドクロス発生時はLOWエントリーするといいタイミングということを覚えておきましょう!

バイナリーオプションの移動平均線で1分足を攻略

バイナリーオプジョンの移動平均線で1分足を攻略する方法をご紹介します。

今回の手法はトレンド方向にエントリーする順張りの手法になります。

概要をまずは説明すると、移動平均線でトレンドの方向を判断して、ストキャスティクスでエントリータイミングを決定していきます。

それぞれ詳しく説明していきますね。

移動平均線を使った1分足の手法

まずはハイエントリーの場合から解説していきます。

順張りなので上昇トレンドの時だけエントリーしていきます。

上昇トレンドかどうかは移動平均線を使って判断していきます。
移動平均線が右上がりに推移していれば上昇トレンドであると判断されます。

さらに、為替レートが移動平均線の上側にあると、強い上昇トレンドが訪れていると見なされます。

上昇トレンドが訪れたタイミングでハイエントリーをします。

一方、移動平均線が右下がりになっていれば下降トレンドであり、移動平均線よりも下側にチャートがある場合は、強い下降トレンドが訪れると判断されます。

下向きの時は逆にローエントリーだけになります。

ストキャスティクス

移動平均線でトレンドの方向を確認できたら、次にストキャスティクスをみてエントリーしていきます。

ハイエントリーの場合は次の3つの条件を順番に満たした時にエントリーしてください。

  1. ストキャスの数値が20以下まで下がった時
  2. 20まで下がった後に上むきに戻ってきた時
  3. 2本のストキャスが下から上にクロスした時

逆に、エントリーを避けるポイントはトレンドの終盤でトレンドが終わってしまいそうな部分です。

さらに勝率をあげるために、エントリーを避けるポイントも頭に入れておきましょう。

まとめ

今回は、バイナリーオプションでの移動平均線の使い方を設定から手法まで解説しましたがどうだったでしょうか?

バイナリーオプションについて知識がついてくると難しい手法を試したくなります。

しかし、あくまでも基本ができているからこそ難しい手法で成果が出るということを忘れてはいけません。

なかなか勝率が上がってこないという方は、今一度移動平均線という単純なツールで自分のスタイルを見直してみてください!

それでは、またお会いしましょう!