手法や分析方法

TrueRangeBandsを使ったバイナリーオプションの順張り手法

どうもこんにちは!

 

「相場のボラティリティを知りたい!」

「順張り手法に使えるインジケーターはありますか?」

「相場の値動きをわかりやすくしたい!」

 

今回はバイナリーオプションの順張り手法に使えるカスタムインジケーターをご紹介いたします!

 

TrueRangeBandsを使ったバイナリーオプションの逆張り手法について

世界のトレーダーが過去のチャートのデータを元に作成できるカスタムインジケーター。

 

MT4ではこのカスタムインジケーターを無料や有料などでダウンロードして、チャート画面に組み込みことができます。

 

今回はカスタムインジケーターのひとつ「TrueRangeBands」について、MT4への設定方法や使用方法についてご説明します!

 

本記事の内容は下記のとおりです。

 

  • TrueRangeBandsとはどんなインジケーターなのか
  • TrueRangeBandsのMT4への設定方法
  • TrueRangeBandsの基本的な使い方
  • TrueRangeBandsを使ったバイナリーオプションのエントリー方法

 

本記事を最後まで読むことで、TrueRangeBandsを使ってバイナリーオプションで取引ができるようになります!

 

ぜひ、最後までお読みください!

 

TrueRangeBandsとはどんなインジケーターなのか

TrueRangeBandsとは、J・W・ワイルダー氏が考案したAverageTrueRange(以下:ATR)をもとに、相場にバンドを形成するインジケーターです。

 

TrueRangeBandsの見た目は、ボリンジャーバンドやエンベロープに似ていますが、TrueRangeBandsに使用されるATRには異なった計算式が使用されています。

 

計算式については、難しくなるのでここでは説明を省きます。

 

TrueRangeBandsは価格のボラティリティを、直近のローソク足の終値を超えることで、判断することができるインジケーターです。

 

TrueRangeBandsのMT4の設定方法

では、TrueRangeBandsをMT4に設定する方法についてご説明していきます!

 

TrueRangeBandsの設定手順は以下のとおりです。

 

  • TrueRangeBandsをMT4に挿入
  • TrueRangeBandsをMT4上に表示

 

ではさっそくTrueRangeBandsを設定していきましょう!

 

TrueRangeBandsをMT4に挿入

 

では、さっそく上記のリンクからTrueRangeBandsをダウンロードしましょう!(ダウンロードはPCのみになります)

 

まずはじめに、MT4上部のファイルから「データフォルダを開く」をクリックしましょう!

 

データフォルダが開けたら、「MQL4→Indicators」の順にフォルダを展開してください!

 

Indicatorsフォルダが開けましたら、先ほどダウンロードしていただいた「True_Range_Bands.mql4」を、フォルダ内にいれましょう!

 

挿入が終わりましたら、MT4をいったん閉じて再度立ち上げてください。

 

TrueRangeBandsをMT4上に表示

MT4上部の「インジケーターリスト」から、「カスタム」にカーソルをあてると、外部から挿入したインジケーターリストが開かれます。

 

その中からTrue_Range_Bandsを探して、クリックしてください。

 

True_Range_Bandsをクリックすると、設定画面表示されますので、そのまま「OK」をクリックしましょう。

 

「OK」をクリックすると、上の画像のようにTrueRangeBandsがチャート画面に表示されます。

 

では、実際にTrueRangeBandsの使い方についてご説明していきます!

 

TrueRangeBandsの基本的な見方や使い方

TrueRangeBandsの基本的な使い方は、FX取引の利益確定のサインとして使用されます。

 

FX取引の利益確定のサインは、TrueRangeBandsのバンド部分に注目をします。

 

上昇トレンド発生時は、TrueRangeBandsの下バンドに触れたら利確し、下降トレンド発生時は、上バンドに触れたら利確します。

 

そして、利確ポイントでの押し目買いや戻り売りを狙って、再度ポジションを持ったところを、バイナリーオプションでは狙っていきます。

 

TrueRangeBandsを使ったバイナリーオプションの順張り手法

TrueRangeBandsを使ったバイナリーオプションの取引手法について解説していきます!

 

TrueRangeBandsをメインのエントリーサインはなく、今回はストキャスティクスをエントリーサインとして使用します。

 

TrueRangeBandsを使った順張り手法で使用するチャート画面の設定は下記になります。

 

  • 1分足
  • TrueRangeBands
  • ストキャスティクス

 

では、早速エントリーポイントについて見ていきましょう!

 

TrueRangeBands+ストキャスティクス

まずはじめに、①TrueRangeBandsが滑らかに推移していることから、トレンド相場を判断しましょう。

 

次に、②下降トレンドの場合は上バンド、上昇トレンドの場合は下バンドにローソク足が触れる、または突き抜けたことを確認します。

 

最後に、③ストキャスティクスが下降トレンド時は80、上昇トレンド時は20を超えて、④角度をつけてシグナルラインをクロスした、⑤次のローソク足でエントリーをします。

 

また、トレンドを把握するために中期移動平均線を表示して、相場が移動平均線の上か下のどちらに推移しているかを確認してみてもいいですね!

 

まとめ

今回は、TrueRangeBandsを使ったバイナリーオプションの順張り手法についてご説明しました!

 

TrueRangeBandsは、ボリンジャーバンドに似たインジケーターですが、基本的にFXの利益確定サインとして利用されることが多いインジケーターです。

 

そのため、利益確定後の押し目買いや戻り売りを狙って、トレンド方向に順張りを仕掛けるやり方が適しています。

 

また、今回はストキャスティクスと組み合わせた手法を紹介しました!

 

ストキャスティクスと組み合わせることで、より明確なエントリーサインでエントリーが可能になります。

 

ぜひ、TrueRangeBandsを使って、バイナリーオプション取引を行なってみてください!

 

では、また次回の記事でお会いしましょう!